先生のおはなし

土と生きた人

毎日夕方になると、近所の仲間3人と散歩をしている。まさに、天地のはたらきを肌で感じ、その恵みにお礼を申さずにはいられない。先日、歩きながら、ふとある人のことを思い出した。
先生のおはなし

お礼の心

息子が1歳になったころ、そろそろ授乳を止めようとしたが、なかなか思うようにいかない。仕方なくお乳をあげながら、息子の顔を見つめていると、産後、なかなかお乳が出なくて悩んだ日々を思い出した。
先生のおはなし

神様からのサイン

コンタクトレンズを失くしてしまったので、眼科へ行ったら、お医者さんから緑内障だと告げられた。ほうっておくと少しずつ視野が狭くなり、失明するらしい…。
先生のおはなし

川を渡る

病院の待合室で、2歳くらいの男の子を抱えた若いお母さんが不安そうにしていた。聞けば何度も中耳炎を繰り返しているそうだ。10年前、3歳の息子を抱えて、病院通いをしていた自分と姿が重なった。
先生のおはなし

恩を知るということ

ある日、外食に出掛けた時、いつもごちそうをしてくれる先輩の言葉を思い出しました。先輩は「今まで色々な人たちにごちそうしてもらってきたから、これからは後輩に返していく番なんだよ」と言っていました。そんな折、テレビで「報恩性」という言葉が取り上げられていました。
先生のおはなし

神様からの応援歌

私が喫茶店でアルバイトをしていたころのお話です。ある時マスターの信頼を失ってしまうことがあり、その後、信頼を回復しようとマスターの顔色を窺うようになりました。しかし、そんな自分が嫌になっていきました。
先生のおはなし

生命(いのち)ってすばらしい

長女の出産予定日を直前に控えたある日、妻は突然破水し、急いで病院へ運び込みました。難産の末無事に生まれたましたが、心臓に異常が発見されたのです…。
先生のおはなし

キジバト

毎年わが家の庭にキジバトが産卵します。ある夏、無事に二羽のヒナがかえりました。しかし、その年は記録的な猛暑で、気が付くと親鳥が巣の近くの日陰でぐったりとしているのです。心配で巣の中をみると、ヒナたちはピクリとも動きません。