信者さんのおはなし

教会は私の一部です

毎日、2キロの道を歩いて教会にお参りする山内さん。なぜ、どんな背景があり、どんな思いでお参りされているのでしょう…。
お知らせ

【お知らせ】 小川洋子著『祈りながら書く』プレゼント

小川さんの著書『祈りながら書く』(直筆サイン入り)を、抽選で5名の方にプレゼントいたします。
小川洋子の「私のひきだし」

小川洋子の「私のひきだし」その3  第5回「我(が)を去る」

新型コロナウイルスの流行など、私たちは分からないことだらけの世界を生きている。しかし、一番分かっていないのは自分のことかもしれない。
小川洋子の「私のひきだし」

小川洋子の「私のひきだし」その3  第4回「かわいいと思う心」

小説を読んでいると、登場人物を軽蔑したり、あきれたりすることがある。しかし…。
小川洋子の「私のひきだし」

小川洋子の「私のひきだし」その3 第3回 「無言を受け止める」

「無言」について考えてみる。そして、「無言」の中に見えてきたのは…。
小川洋子の「私のひきだし」

小川洋子の「私のひきだし」その3 第2回「梅酒の空き瓶」 

部屋の戸棚の片隅に、梅酒の空き瓶が1本…。 どんな物にもそれぞれ「縁」があり、「物語」がある。
小川洋子の「私のひきだし」

小川洋子の「私のひきだし」その3 第1回「祖父のひざの上で」

祖父は金光教の先生で、小川さんは祖父のことが大好きだった。小さい頃、そんな祖父のひざの上で感じたものは…。
Q & A「あなたへの手紙」

シリーズ「あなたへの手紙」第4回「①幼い頃からの劣等感/②将来への漠然とした不安」

①職場で皆から見下されているように感じ、仕事場へ行くのが苦痛。どうすれば…。 ②日々の暮らしが同じことの繰り返しで充実しない。将来も漠然と不安で…。