作家・かんべむさしの「金光教案内」

作家・かんべむさしの「金光教案内」

かんべむさしの金光教案内Ⅲ 第1回

40代後半になってから金光教に御縁を頂いたかんべさん。作家という職業柄、興味本意で読み始めた教典や伝記だったが…。
作家・かんべむさしの「金光教案内」

かんべむさしの金光教案内Ⅱ 第4回

金光教は「穏やかで優しい宗教」だと語るかんべさん。金光教が教える「神と人との関係」について、かんべさんが紹介する。
作家・かんべむさしの「金光教案内」

かんべむさしの金光教案内Ⅱ 第3回

金光教の信仰の大きな特長に「取次」がある。その「取次」について、かんべさんが自身の経験や具体例を交えて解説する。
作家・かんべむさしの「金光教案内」

かんべむさしの金光教案内Ⅱ 第2回

金光教の教祖「金光大神」と、教祖が出会った「天地金乃神」について、かんべさんが分かりやすく簡潔に紹介する。
作家・かんべむさしの「金光教案内」

かんべむさしの金光教案内Ⅱ 第1回

作家のかんべむさしさんは、40代後半まで宗教とは何の関係もない生活をしていたが、今では金光教の教会に通うようになった。かんべさんが魅力に感じた金光教の特徴とは…。
作家・かんべむさしの「金光教案内」

かんべむさしの金光教案内 第4回

以来お参りして実感しているのは、「教会の先生にどんなことでもお話でき、本気で神様にお願いできることは、ありがたい」ということ。こういう神様を与えてもらえ、「幸運」だった。
作家・かんべむさしの「金光教案内」

かんべむさしの金光教案内 第3回

偵察期間中、教典などの本を読んだが、その内容が『日本昔ばなし』のようで、とても親しみやすかった。金光教が持つ優しさにも触れ、「相性が良い」と感じた。
作家・かんべむさしの「金光教案内」

かんべむさしの金光教案内 第2回

『ドタンバの神頼み』を読んで「金光教なら相談できるかもしれない」と思ったが、まずは偵察をすることに。偵察期間は2年に及んだ。