もう一度聞きたいあの話

もう一度聞きたいあの話

ゆるやかに、伸びやかに

教会へ参拝した4人家族が帰る時のこと。父親と6歳の女の子は先に車に乗り込んだのだが、3歳になる下の子は靴がうまく履けず、玄関でもたもたしていた。それを見ていた母親は…。
もう一度聞きたいあの話

僕の方こそ

夕食を終えた我が家に、どこからともなく聞こえてくる救急車のサイレン。その救急車に乗せられているのが我が子だとは、その時は想像もできなかった。
もう一度聞きたいあの話

ひとことのあいさつから

親戚のおばあさんが入院している病室に、ある女性が入院してきた。ところが、挨拶をしても全く返事がない。