MENU

MENU

読みもの

公式Facebook

教えに触れる

目次

「天地は語る」より

金光教の信心の概要を理解する書として『金光教教典』から400の教えを抽出し、現代語訳を施し、
「神と人間」「人間の難儀」「信心とおかげ」など教えを分類、体系化しています。
信心生活を進める糧として広く活用され、さらに『金光教教典』に接する機会になることを願っています。

以下ではその中からランダムに3つのみ教えを表示しています

『金光教教典』から400のみ教えを抽出し、現代語訳を施し、「神と人間」「人間の難儀」「信心とおかげ」など、事項別に編集しました。持ち運びできるサイズです。


教祖金光大神様の信心を理解する書として、また、信心生活を勧める糧として広く活用され、さらには、『金光教教典』に接する機会になればと願っています。

以下ではその中からランダムに3つのみ教えを表示しています。

341. 家を建てる時、日柄(ひがら)方角を言う必要はない。暦(こよみ)では吉日であっても、雨が降れば、棟木(むなぎ)などの大木は上げにくく、過ちがなければよいが、と心配をすることになる。神にすがって、いつでも吉日にしてもらう方が安心であろう。
103. 信心するという心におかげはない。信心させていただくという心におかげがある。
201. 世間には、水の行(ぎょう)、火の行などがあり、いろいろの物断ちをする人もあるが、そのような行はしなくてもよい。巡礼(じゅんれい)のように白い着物を着てあちらこちらを巡(めぐ)り歩く暇(ひま)に、毎日の家業を信心の行と心得て勤め、おかげを受けるがよい。

いろいろなお話し

目次